一般財団法人 南都経済研究所地域経済に確かな情報を提供します
文字サイズ


主任研究員 前田 徹
日本より愛をこめて

2016年の国内映画興行収入が2,355億円で過去最高を記録したと報じられている。そのうちの1割を、異例のヒットとなった長編アニメーション作品1本が占めているというのだから驚きだ。他方、洋画は興行収入額でもシェアでも前年を下回っており、洋画のアクション作品を好んで観る私にとっては少々残念な気分である。

さて、アクション映画の定番といえば、何を思い浮かべるだろうか?私は、英国発のスパイ映画「007」シリーズを挙げる。強大な権力や富を手中に収めようとする悪の組織に、ピストルとわずかな秘密兵器だけで、単身、アジトに乗り込む凄腕スパイの話。第1作が公開された1962年から50年以上経つ現在もなお、世界中の根強いファンの熱い支持を得ている。その間、東西冷戦下の二極構造から多極化への変化、情報テクノロジーの進歩といった時代の変化を織り込みつつ、「諜報機関の存在意義とは?」といったテーマにもスポットを当てるなど、よりリアルで質の高い娯楽作品へと進化してきた。

そして、同シリーズの人気を支える最も重要な要素のひとつが、主演俳優の存在だろう。2~3年の長いスパンを置いて次回作が製作される同シリーズ、歴代主演俳優は6名になる。「誰がお気に入りか?」と問われれば、私は迷わず6代目のダニエル・クレイグと即答する。発表当時は「イメージに合わない」などと散々に扱(こ)き下ろされ、私自身も「誰、この人…」状態だったが、型破りかつ野性的で、危険な雰囲気を漂わせる彼の演技は、既成の主人公像をいい意味で打ち壊し、本シリーズのリブートを見事成功に導いてみせた。

そんなダニエル・クレイグも2年前、最新作を撮り終えた頃には、次回作に出るくらいなら「手首を切ったほうがマシ」と述べるなど、続投には否定的と伝えられた。寄せられる期待とバッシング、プレッシャーに耐えながら演じる辛さは、簡単には想像できない。また、本シリーズ初演時は38歳だった彼も、現在は48歳。50歳を目前に、体力の衰えも懸念される。

それでも制作会社は続投を強く希望しており、1億5千万ドルという破格の出演料でオファーしていると報じられている。また、最近になって本人も続投に前向きともとれる発言をしたとか

是非またあのタキシード姿でスクリーンに戻って来てくれることを切に願ってやまない。

投稿者:主任研究員 前田 徹|投稿日:2017年2月
主任研究員 前田 徹
迷走する新幹線

北陸新幹線の敦賀以西の延伸ルートを巡る"我田引鉄"合戦は、鉄道好きには関心の高い話題である。同新幹線の東京-金沢間の開業を受け、北陸圏と首都圏の結び付きが強まる中、関西経済界は早期のルート決定・事業着手に躍起だ。

与党検討委員会が絞り込んだ3ルート(3月22日時点)は、(1)米原で東海道新幹線と接続する米原ルート、(2)JR西日本が提案し小浜・京都・新大阪を結ぶ小浜ルート、(3)与党委員長:西田昌司氏が提案し舞鶴・京都・天王寺を結ぶ舞鶴ルートである。

新幹線に期待する最も重要な役割は、遠隔地間の移動時間短縮であり、敦賀以西については「北陸圏と京阪神をいかに短時間で結ぶか」であろう。当然、京阪神には「京都市」も含まれる。多くの企業や大学が点在し、観光都市としても求心力が高い京都を起点・終点とした北陸圏との移動ニーズは高いと考えられる。また、京都駅は北摂、山陰、湖西、湖東、奈良の各方面とJR・私鉄で繋がっており、ハブとしても重要な役割を担っている。そのようなことから、当初の整備計画にあった小浜ルートの経由地を亀岡市付近から京都駅に移した(2)案は、主要旅客の動向を熟知したJR西日本による最も合理性の高い案だと思う。

ちなみに(1)案の米原ルートは、接続先の東海道新幹線米原駅を「のぞみ」が数分おきに通過しており乗入れが困難なこと、(3)案の舞鶴ルートは、最短ルートを大きく迂回し建設コスト・所要時間が過大となることから、いずれも有効な案とは考えにくい。

ただし(2)案についても、京都-大阪間の新線建設については、既に同区間を東海道新幹線・在来線・私鉄が併走しており、人口減少が確実視されるなか、リニア中央新幹線の大阪延伸時には過剰な設備となる可能性が十分に考えられる。

そこで(2)案をベースに東海道新幹線との共用が可能な形で京都駅を整備し、大阪方面へは老朽化した東海道新幹線の更新も兼ねて新線を建設、リニアの大阪延伸時にダイヤに余裕のできた東海道新幹線との新線共用を開始するのも一案ではないだろうか。リニアが開通すると東名阪のビジネス利用はほぼリニアに移行、車窓に富士山が楽しめる東海道新幹線は観光利用がメインとなり、豪華列車が走るようになるかもしれない。「のぞみ」の本数が減少すれば、逆に沿線地方都市に停車する「ひかり」「こだま」が増え各地域の活性化に繋がる可能性もある。

将来に亘る人口推移や路線網の発達状況、新幹線が果たす役割、効果の変化を冷静に見極め、過剰な設備投資とならないよう総合的な視野に立って検討されることを期待する。

投稿者:主任研究員 前田 徹|投稿日:2016年4月